50代男性「糸切り歯の詰め物が取れた」一部欠けてしまったセラミックの薄い板「ラミネートベニア」を新たに作製し直し、見た目を美しく改善させた症例

年齢と性別  50代男性
ご相談内容「左右上の糸切り歯の詰め物が取れた」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果拝見すると、左右上の犬歯(糸切り歯/3番)に装着されていた、歯の表面に貼り付ける付け爪状の「セラミック」の薄い板である「ラミネートベニア」が一部欠けたりヒビが入っていました。

セラミックは変色の心配がなく、さらにラミネートベニアは歯の削る量も少ない治療方法ですが、硬いものを噛んだ時や、歯ぎしりや食いしばりなどの癖、悪い噛み合わせなどによって、割れたり外れたりすることがあります。
行った提案・
治療内容
ヒビが入っているラミネートベニアを外した後、型取りを行ってから、新たにラミネートベニアを作製し直す治療方法をご提案したところ、ご了承いただきました。

新しいラミネートベニアを作製する際には、欠けた部分をしっかり補えるよう丁寧に調整しました。
治療期間約1ヶ月
費用140,000円
(70,000円×2本)
術後の経過
現在の様子
新たなラミネートベニアがしっかり装着されたことで、美しい仕上がりになりました。
患者様も「見た目が前よりも良くなってうれしい」とご満足いただけています。

現在は、定期的にご通院いただき、健康で美しい状態が保てるようメンテナンスを行っています。
治療のリスク・ラミネートベニアは保険適用外の治療となります
・治療の性質上、健康な歯を一層を削る必要があります
・噛み合わせを調整する治療はできません

治療前

治療後

関連記事

  1. 30代女性「歯の着色が気になる」歯の黄ばみを、歯科医院とご自…

  2. 40代女性「奥歯の銀歯を白くしたい」セレックインレーで治療し…

  3. 30代女性「歯の色を白くトーンアップさせたい」全体的な歯の黄…

  4. 40代女性「前歯を白くキレイにしたい」ジルコニアレイヤリング…

  5. 50代男性「歯の黄ばみが気になる、色を白くしたい」歯科医院で…

  6. 20代女性「前歯の色が気になる」ウォーキングブリーチで審美的…

PAGE TOP