40代女性「前歯を白くキレイにしたい」ジルコニアレイヤリングで治療した症例

年齢と性別   40代女性
ご相談内容 「前歯を白くキレイにしたい」とご相談いただきました。
過去に他院で前歯を治療された際、金属を使った被せものをされた患者様です。
金属を使った被せものは、まれに歯と歯茎の間が黒ずむことがあります。
カウンセリング・診断結果 拝見したところ、前歯にメタルボンドが入っており、長年の使用で合わなくなっていました。
行った提案・
治療内容
周辺の歯も一緒にホワイトニングをしてから、ジルコニアレイヤリングのオールセラミックで治療しました。
レイヤリングとは、ジルコニアのフレームに専用陶材でセラミックを築盛する作成方法で、特に見た目の良さにこだわりたいときに用います。
セラミックを何層も盛り合わせるため、他の歯との色合いを合わせることができます。手間はかかりますが、前歯など見た目の審美性が求められる部分の治療で選択されるケースが多い治療法です。
治療期間 1か月 3回
費用 200,000円(税別)
術後の経過
現在の様子
仕上がりに大変ご満足いただき、かみ合わせも問題ありません。
現在も定期検診で通院いただいています。
治療のリスク ・セラミックは想定外の負荷がかかることにより割れる、欠ける場合があります。
・治療後も定期的なメンテナンスを受ける必要があります。
クリニックより メタルボンドと呼ばれる金属を使った被せものは、強度や費用の面で選ばれるケースもありますが、透明感が得られず、光が当たると1本だけ浮いて目立ってしまいます。
前歯の場合はやはり見た目を気にされる方も多く、セラミックでの治療をご希望される方が増えています。

治療前

治療後

ココシカ症例バナー

関連記事

  1. 40代女性「奥歯の銀歯を白くしたい」セレックインレーで治療し…

  2. 20代女性「前歯の色が気になる」ウォーキングブリーチで審美的…

PAGE TOP