20代女性「前歯の色が気になる」ウォーキングブリーチで審美的に回復した症例

年齢と性別   20代女性
ご相談内容 「通院を重ねるうちに前歯の色が気になってきた」とご相談をいただきました。
定期検診でご来院いただいている患者様です。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、前歯は失活歯でした。
そのため、ホワイトニングでは効果を実感することは難しい状態でした。
行った提案・
治療内容
失活歯の変色は、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングといった通常のホワイトニングでは白くできません。
そのため、今回はウォーキングブリーチが最適と判断し、ご提案しました。
治療期間 2022年4月8日~5月8日(約1ヶ月)、2回
費用 7,000円(1回3,500円を2回実施しました)
術後の経過
現在の様子
一番気にされていた左上1番の色味を、両隣の歯の色味と合わせることができ、ご満足いただけました。
治療のリスク ・治療に際し、歯にしみるような痛みが出る場合があります。
・得られる効果は歯の質により様々で、予定通りの白さに達さない場合もあります。
・ウォーキングブリーチは自由診療となります。
クリニックより 歯の神経を取ると、歯質が弱くなる場合があり、歯が変色して見える場合があります。
その場合は、歯の内側からホワイトニングするウォーキングブリーチという方法で治療を行います。

治療前

治療後

関連記事

  1. 40代女性「奥歯の銀歯を白くしたい」セレックインレーで治療し…

  2. 40代女性「前歯を白くキレイにしたい」ジルコニアレイヤリング…

PAGE TOP