虫歯治療

当院の虫歯治療について

当院では、以下のことを意識して治療にあたっています。

  • 患者様の削りすぎないようにすること
  • 神経を残していくこと
  • 痛みがなるべくでないよう、痛くないように麻酔を行うこと、削る際はソフトタッチで行うこと

の三つです。

なるべく削ってほしくない方、神経をできるだけ残したい方、痛いのが嫌だという方は、是非一度ご相談いただければと思います。

虫歯の段階(C0〜C4)に合わせた最適な虫歯治療について

C0

一番初期の虫歯で、歯に穴はあいていない且つ痛みなどの自覚症状はありません。よってご自身での発見は難しいと思います。
治療では歯を削る必要はありません。適切なブラッシングを行うことで元の健康な状態に戻る可能性があります。

C1

見た目では表面が黒ずんだり茶色い状態です。
痛みはありませんので、検診において見た目やレントゲンで見つかるケースがほとんどです。
前歯や奥歯の溝であれば保険の白い歯で対応できます。
それ以外の場所は金属やセラミックの詰め物(インレー)での対応になります。
ケースによっては、削らず、TBI、定期健診で経過観察をすることがあります。

C2

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達した状態で、冷たいものがしみたりする場合や甘いものを食べた際に痛み感じます。
C1 と同様に前歯や奥歯の溝であればコンポジットレジンを充填することで対応が可能ですが、範囲が大きい場合は、削ったあとに歯型を取った後に金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達しています。
歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあり、具体的にいうと、食事中に痛くなるななどの症状が出てきます。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去した後で根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
根管治療について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください(根管治療へリンク)

また歯髄が死んでしまった歯は脆くなりますので、被せ物をします。

C4

歯冠が溶けて無くなり根の部分だけが残っている状態で、神経が死んでしまっているので痛みを感じなくなっているケースがほとんどです。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯しなければなりません。
抜歯した部分は、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

当院の根管治療について

根管治療時にも基本に忠実であることを意識しております。
丁寧に根管内を良く洗浄し、再発を防ぐ治療を行うことが当院の強みです。
他で治療してもなかなか治らない方、今までに治療をされた歯の痛みが再発してしまった方などは、是非一度ご相談下さい。

根管治療の流れ

STEP1:麻酔、抜髄

酷い炎症を起こしている歯髄は治ることがなく悪化をし続ける一方なので、虫歯に冒されている神経や血管を取り除く必要があります。

STEP2:根管の深さを測る

根の先まできちんと薬を入れる必要があるので根管の深さを専用の器具で測ります。

STEP3:根管を洗浄・消毒する

深さを計測した後、再発のリスクを減らすため、内部をきちんと洗浄し、消毒します。

STEP4:根管内部に薬を詰める

空洞が出来ないように根っこの先まで薬を詰めます。

STEP5:コア、クラウンの装着

神経を抜いた歯はもろくなってしまうので土台(コア)を立て、最後にかぶせ物(クラウン)を装着します。

費用に関して

根管治療に関しては、基本的に保険で対応可能です。
治療後の被せ物に関しては、患者様のご希望に合わせて、保険でも自費でも対応しております。
治療完了後に、一度ご相談いただければと思います。


〒140-0013 東京都品川区南大井4-4-7
03-3761-1452
お痛みのある方、または当日を含む直近でご予約を希望される方は、
直接お電話でご連絡をお願い致します。